カテゴリ:魚釣り 川とか湖とか( 52 )

2009年 10月 22日
猿払川 アンディガルシアとアブガルシアって違いますよね?
e0112918_19414632.jpg

地元のワイルドパイセンと猿払へ急遽直行
カミナリが唸る中、日本の最北端より一歩手前のイトウが住むと聞く村に向かう
オホーツク方面は晴れているとパイセンの言葉を信じ
鹿をかわして、狸に騙されないように、流星群に願いをこめて、北へ北へ突き進む。

着いてみるとこんなに穏やかで千葉だ京都だのナンバーがチラホラ
みんなのイトウへの想いはナンバーでも知ることができる。
それを見るたび我々道民はいかに贅沢かを思い知る

e0112918_20155796.jpg

こんな藪なんてアスファルトと同様にしか思ってないであろうパイセン

本命には出会えなかったけど、車で寝ている見馴れた顔を見ました。
偶然トミーとMさんでした。こんなトコで会うとはなんだかうれしい気分になりました。

魚のライズはちょこちょこあり、その中に混じりとてつもない鬼の舞もありました。
さすがイトウのメッカ猿払。やっぱり一見さんお断りなのかなぁ
絶対そんなはずはありませんが、自分の中ではそう納得させ猿払を後にしました。
まずは馴染みの客になろうかなって


帰りには温泉で温まり、釣れなかったけどなにか楽しいトラベルでした。

初めての川はただでさえココロが踊るのにイトウがいるなんて聞くとそりゃーやっぱりねー

またいきましょうね。パイセン
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-22 20:37 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 10月 22日
朱鞠内湖 最初にバラシますが、今月はトラウト(魚)強化月間です。
e0112918_833398.jpg

ここにはとびっきりのトラウトがいるってのを完全に魔に受けて私またまたロッドを振り続けます。
だってそれが私のフィッシュー科目なのだから
だってシュマリのパンフに書いてあるんだ「オンリーワンストーリー」って
だからまたまたココでマダ見ぬイトウに逢うために、
あーでもナイこーでもナイ、とナイ頭とロッドを振り絞ります。

私のルアーを魚が追っている数よりもイトウを私が追っている数のほうが完全に上です。
当たり前だけど

そうこうしてると
e0112918_8534424.jpg

こんなギンギンなサクラが咲いてくれました。

「親戚のあの大食いのおじさんに私が来てるよ」って伝えてと頼んだものだから

おじさんっぽいのは2回も来てくれたんだけど、得意のバラシで熱くなる。

心の中で釣友カワタの「あーなにしてんだよ!!」と喝が飛ぶ

そう結局フックを伸ばされただけで逢えませんでしたが、得意の全く反省していません。

せっかくのコンタクトをバラシたのは本当に反省しています。

e0112918_8305578.jpg

今回の同行者はH氏とオヤジの二人と私と渡し



どうか私にイトウのトルクフルな走りを・・・・・・途中ではなく最後まで
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-22 08:48 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 10月 18日
朱鞠内湖 誰が言ったか「イトウ釣りは浪漫」トラベル 本番中
e0112918_23253879.jpg

今回のトラベル同行者は
「一投目ってルアー何投げるんですか?」の質問に間髪入れず「気持ち」と答えるDALIさん
やはりこの人もパッションメゾット

秋に渡り鳥が南へ向かうと同時に私はまた渡り船に乗るため北に向かうんです。
なぜならココ朱鞠内にはビッグチャンス、ビッグフィッシュ、ビッグマイナスイオンが存在しているから
それが私の必修(フィッシュー)科目なんです。
そして氷点下のマチなのになぜか、なにかがあたたかい
この北欧みたいな景色がオマケで付いてきます。いや本命か

DALIさん、早朝にその気持ちが通じたのか
e0112918_23472950.jpg

初シュマリにイトウと会う 素晴しき腕前 すばらしい魚

私は粋のいいキッズSIZEのアメマス
e0112918_23572185.jpg

もちろん鬼には逢えませんでしたが、本当に少しも反省しておりません。

私このトラベルでイトウに逢うために何が必要か考えたところ

負けないこと♪投げ出さないこと♪
そこに鬼が居ること♪信じ抜くこと♪
心が折れそうなとき
それが一番大事♪

なんじゃないかって 色は黒金ですって
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-18 23:57 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 10月 16日
アメマスって目よりパーマークがデカイのがアメマスでいいんですか?
e0112918_3415025.jpg

またまたオヤジと(パソコンのことをエレキ物という)オヤジの釣友と道東河川
e0112918_342418.jpg

ラッキーストライク中のオヤジ 失礼 ラッキーではございません。
e0112918_3421388.jpg

性格はいいが人が悪いオヤジがあげたのはこのアメマス

ワタクシココデの道東河川では一本も上げてませんが、全く反省していません。

そしてワタクシこのトラベルで克服したものがあります。
カキですか?食べれるようになりました。
メチャメチャうまいですね。大人の貝段上れました。

「あっKSK カキ ダメだったよね 残念」は今後通用しませんのでアシカラズ
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-16 03:53 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 10月 12日
朱鞠内湖 魚鬼トラベル 私達はいつでも本気です。
e0112918_1128492.jpg

私たちを鬼が島に釣れていってくれるのは朱鞠内湖漁業組合の中野さん
e0112918_11594360.jpg

気温はマイナス しかし釣友カワタのキャップの下の真剣な眼差しがヒシヒシと
暖める
e0112918_1211697.jpg

ディズニーシーなんかよりも血沸き肉踊るアトラクション
e0112918_1234198.jpg

ここが鬼門 しかし薄明の時、良く静まり返りボンヤリ光る湖面に魚がバシャっと跳ねるのを見ると
身もココロもエンプティになりココが鬼門ってことを忘れさせます。
e0112918_12443267.jpg

みんながまだ夢を見ている時間に魚とジョイントできた一日はリッチになること
を私たちは知っている 
e0112918_12455748.jpg

この人はその方法を知っている。ご立派
e0112918_1248229.jpg

リッチになるために真剣に考える筆者
e0112918_12491240.jpg

神経がトブくらいカッコイイ魚 おめでとうございます。

リッチになった釣友カワタから晩御飯をご馳走になりました。
「ksk 好きなもんなんでも食え今日はそういった日だ」って
ワタクシもリッチになったら奢らせてくださいね。

できれば今シーズン中に・・・
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-12 12:51 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 10月 07日
なぜ釣りの前の日はコンナにも寝れないのか?
私のケータイのメール受信箱には釣友カワタから、先月から今月にかけて
2つしか受信していない。しかも共に一行のみ、そうこの人はもともと多くは語らないのだけれど

先月のメール

「北部の渡船が始まりましたが・・・・」という場所を聞くのが野暮で、根こそぎ煽るような一行

この人はいつも「が」でとめる悪魔みたいな癖がある。

今月のメール

「着水予定は8日でよろしいですか。」というココロをくすぶる色気のアル一行
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-07 23:26 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 10月 01日
川のギャング アメリカザリガニ調査隊
トミーからアメリカザリガニに関する有力な情報をキャッチしたとの報告を受け

我々アメリカザリガニ調査隊が調査

アメリカザリガニをターゲットにするアングラーは少なく開拓の余地は十分

e0112918_20344382.jpg

さすが巨人 竿(モアザン)がこんなに小さく見える

トミーのファーストヒットはコイツ
e0112918_20182783.jpg


私のファーストヒットはコイツ
e0112918_20201959.jpg

いまどきダブルピース オシャレ

バラシ多数、寸でのところでバレる
ランディングネットは必須
だけど、結果こんなに
e0112918_2039231.jpg

小さなアングラー(小学生)が欲しいというのであげました。


こんなに釣れて気を良くしたので調子に乗ってタックル紹介いたします。


まずは隊長トミーのザリガニの情熱が伝わるタックル
「コレじゃないと獲れないザリガニがいる」のモアザン
e0112918_2027927.jpg

ロッド  ダイワ モアザンザリガニーノ 1.3F wスルメ1枚ー3枚


そしてワタクシのタックルデータ
e0112918_20312874.jpg

シマノ ザリガニライズ SP ティーパーアクション 1.2F wスルメ1枚ー2.5枚



そうまだまだこの川には調査する対象がたくさんいます。
下流から上がっていったのですが、このタックルでも太刀打ちできない
生物がチラホラ・・・・また調査したいと思う。
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-01 21:10 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 09月 29日
朱鞠内湖 ファーストラン オータム編フライング気味
私は街が色着き始めるちょっと前に、
街を抜け出しブルーハーブよろしくさらにさらに北へ向かうんです。

ほとんど車が走らない色の無い道を走り出すと

私のバカな釣り人の血も、はしゃぎまくる次第


「その病気治らないって知ってた?」


というパッションの言葉が頭をヨギる、けど

この熱病を冷ます(醒ます)特効薬を、実はワタクシ知っているんです。

そう、それは、あの湖に釣りにいくこと

そうだパッションに教えてあげよう。コレで治るって



やがて山の向こうに太陽が瞬きはじめると
アタリイチ面にコウカテキ面な青味を帯びる。

この透明感の高いキメ密度のブルーの肌に

ワタシハ「今日こそは釣れますか」と毎度、子供じみた事を聞くから
e0112918_2164569.jpg

「あなた、まだまだウブなのね」と、いつもいっつも相手にされない

e0112918_2461293.jpg

今回の同行者H氏 シュマリがお似合である。お気に召したでしょうか? 

沖にはジンジョウではないライズ(鬼の舞)が見られるんだけど、

どうやっても(想いもルアーも)届かない

もちろんノーヒットで鬼には逢えなかったけど本当に反省しておりません。

だけどこんなロケーションで幻の魚イトウを掛けて獲ることが出来たなら、

涙なしではいられないかもと想い

「その病気治らないって知ってた?」というパッションの言葉が再度、頭をヨギる

そうまだまだシーズンは始まったばかり、

決して幻ではない、届かないけど、この眼に見えたんだから
[PR]

by newamericanyard | 2009-09-29 03:57 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 09月 28日
あなたは体の中に大潮の声が聞こえますか?
地元でロックフィッシュ
e0112918_2013534.jpg

「道は自分で作るものだぞ」のパイセン(センパイ)
釣るためにはミチナキ道でもなんのその歩くワイルドの代名詞的男
私がモノゴコロ突く前からのお付き合いのイカス兄さん
今回は時間が無い私のためにアクセスしやすいところでロックフィッシング
それでも片道余裕で1kmは歩く

e0112918_20191174.jpg

なんともノスタルジアでキタノブルー的な灯台

そうこうまずまず魚釣ってると。

まだまだずっと本当向こうにカミナリ雲、こちらは青空、
まだまだ大丈夫と、竿を振ると、竿にイナズマが走ったんです。
気のせいかな?なんて竿を触ろうとしたら

「バチン!」と青いイナズマが僕を責めるわけなんです。

炎 カラダ 焼き尽くしはしなかったのですが

青いイナズマが僕を責めるんです。

炎 カラダ 焼き尽くしはしなかったのですが

指が痛い
実際のところ地震、パッション、火事、オヤジが本当に怖いのは知っていたのですが
カミナリの恐怖をかいま見た次第。

なにせ青いイナズマが、僕を責めたんですから

空気中のデンキを少し頂きました。
この事件をきっかけに

私は体の中に大潮の音が聞けるようになりました。嘘です

でも本当に文明開花の音を聞きました。

なにせ青いイナズマが僕を責めたわけですから

e0112918_20305564.jpg


命あってのモノだね




[PR]

by newamericanyard | 2009-09-28 20:41 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 09月 17日
今日は太平洋がいいらしいので海の見える街にいってきた
シーバスが太平洋で上がってると聞き

北海道シーバス調査隊が調査にいってきた

私とトミーしかいないけど

調査という名の釣り
e0112918_22525088.jpg

やはり絵になる巨人

私はというとあまりのアタリのなさに
e0112918_22574122.jpg

貝になりたいと思ってきて 釣り中断


そしてふと帰りにトミーのクーラーボックスみるとイカスメッセージ
e0112918_2303845.jpg



魚の写真がありませんが反省していません。(引用)




アイ ラァブ ディス ソォング

私の実家も海が見える
コレを聞くとかすかに潮の香りがしてボーズの日にも
ココロに心底シミル、ニクイ曲 
[PR]

by newamericanyard | 2009-09-17 22:52 | 魚釣り 川とか湖とか