カテゴリ:オンガク( 9 )

2012年 09月 06日
秋の風が通り抜けないキョウコノゴロなり

寝苦しい夜に最高なんだけど、絶対はじめてじゃないだろって!バカヤロー!
[PR]

by newamericanyard | 2012-09-06 12:16 | オンガク
2010年 08月 22日
暑くなるまで さぁ騒ぐだけ、寒くなるまで、(釣り)我慢するだけ


知る人は知ってると思うのですが
左の人はワタクシの義理の兄貴ではありません。

カウントの取り方までもが死ぬほど似ていますが本人ではありません。

久保田のスタイルとクレバのスタイルの
シナジー効果でとめどなくFLOWな、このスバラシキ曲

寝苦しい夜にもう一曲

[PR]

by newamericanyard | 2010-08-22 10:07 | オンガク
2010年 03月 17日
今週末はあの幻のイベントLADYLUCKでオンガクな夜
あの幻のイベントLADYでLUCKなイベンツが一夜限りで復活つーことで楽しみなわけであります。

e0112918_18572736.jpg


まぁ楽しみわけなんです。みんなステキな曲ばかりでいいんじゃないの的な感じでやってます。

場所はマルヤマでラカソウルDってとこでクジからです 1000円で一杯のめます

3/20(Sat)21:00~sunrize
@LacquerSoulD(大通り西22)
1000yen with 1Drink
-DJs-
KSK 話長い奴 ぽっぷ
BUD(Fruit,HIPCITY) 髪長い奴 そうる
TKT(Fruit) 気長い奴 ほっぷ
Syo-ZI-ON 胸毛長い奴 ろっく
TKL(HIPCITY)細長い奴 じゃず

よかったらきてね。楽スイミー です。



こんなんでましたけど
[PR]

by newamericanyard | 2010-03-17 19:09 | オンガク
2010年 01月 12日
なうおんみゅーじっくはこちら


ワタクシコレをはじめて聞いたのは中学生の頃だったような気がいたします。
なんかのオムニバスかなんかに入っていて声を聞いて最初は男の人なんだって思って
そしてこの人のジャケット見たら女の人なんだなんとスバラシキ歌声って思って
そしてDVD(動画)かなんかで見たらやっぱりどっちなのか結局わからなくなりました(翔)
どっちにしてもいまも昔も私の中で新鮮なほどカチョイーです。

そう新鮮といえば新鮮市場いってきました。(翔)

そう新鮮といえばいくら古くても自分の中で何回聞いてもフレッシュな音を楽しめるもの
コレもその一つ



もう一つは身体が勝ってに歌ってしまうこの極
3分ってみじか!なこの曲
釣に行く時なんかもう釣れそーな気だけはするこの曲
夫婦喧嘩なんかも急にこの曲かけちゃって踊ちゃってごまかせそーな気だけはするこの曲
もう最高なわけです。


もう勝ってにもりあがちゃっても釣れないわけで
今日もつれなかった帰宅のテーマ(定型曲)


シミルゼ ジョン! 
[PR]

by newamericanyard | 2010-01-12 09:35 | オンガク
2009年 09月 18日
ギターは武士で言う所の刀という本当の意味

コチラ忌野の「ザマミロォイー」
FM東京とFM仙台で忌野の友人の曲が放送禁止にされたことに対して
生放送で偽善者を歌う予定の所、FM東京を罵る曲を歌い上げ全部放送されちゃった完全知能犯

「生じゃなきゃできねーのさ」のロック魂


こーいうことのできる人は、本当のロックとは何だって知ってんだと想う。

神様はおいしいものは最後までとっとくタイプじゃないのかね


コチラ長渕の「ミソクソ芸能人」

ドラマ「シャボン玉」での競演女優との不倫報道に対して

さすが兄貴、いい刀を持ってる



コチラはミッシェル
もう伝説なんだろうけど、タトゥ(プーチン兄貴のアイドル)のMステでのドタキャン事件

急遽、生演奏ができるのはミッシェルだけってんで、あれだけとがったバンドだと
普通「ナンデ俺らが穴埋めなきゃなんねーんだよ」、となるところ

「いいぜ 何曲でもやってやんよ」のコレ



こんなギターがもう聴けないのは、なんでだろう

もう何年まえだろうか。この人が札幌にきてた時ツアーかなんかなんだろうね
バイトしてた古着屋にきて、みてたのね。
もう背が高くて、ほとんどクロムハーツで、ひょんなことから話すことになって
私のダナーライトみて、「おれそれの黒さがしてんだって、売ってるとこなくてさ」なんて
いってて、札幌じゃないのかこの人って思って、札幌だったら探せばあるじゃんって
そんなもん手伝うよって

これから一緒に探しましょうよって札幌の街を2人で歩いたんだけどなくて


私もひとがいいのか、なんなのか、
「ココロあたりがあるんで、もしあったら買っときますよ。送りますから」なんて軽くいって
当時の私の記憶にかすかにこの人もしかしてミッシェルのギターの人か?まさかねなんて
最後に「もしかしてミッシェルのアベさんですか?」なんて失礼な質問して

「そんなとこだよ」なんてロックなこといって

「ロックとか好き?もしよかったら今日ライブあんだよ。おいでよ」って
「ほんとあったら買ってもらえるかいって」ってケータイ番号書いたメモ
すごく人に厚いんだって知った。

もちろんライブにも見に行って、終わった後楽屋かなんかで、
言葉は交わさなかったけどチバさんと痛いくらいのきつい握手して
もちろんアベさんともきつい握手

私がミッシェルから実際に学んだことは、ロックがどうとかではなくて、
オトコたるもの握手の時には全身全霊をかけるってこと。

もちろん靴はあったんだけどサイズが会わなかったんだ。
後にも先にも電話での連絡はサイズがないことの報告一本
「悪かったね。来年も行くからさ。もちろんこいよ」って


やっぱり神様はおいしいもの先に食っちゃうタイプかよ 

マイケルだってそーだよ!

神様に食いきれないってことないだろうが!ダッセーな!
[PR]

by newamericanyard | 2009-09-18 23:26 | オンガク
2007年 06月 20日
LADY LUCK vol.17
e0112918_17575914.jpg



どうも、satoshiです。
2ヵ月に1度、club GHETTO にて密かにイベントやってます。
お酒が飲めないのに、頑張ってます。


e0112918_1872980.jpg

DJ keitaman


e0112918_18104718.jpg

DJ MERCY


e0112918_18155491.jpg

DJ HOSSY from ARCH


e0112918_18175498.jpg

DJ TKT from HIGH POSITION


e0112918_18211359.jpg

DJ KSK from N.A.Y


e0112918_18225585.jpg

自分


e0112918_1824461.jpg

HUMAN BEAT BOX takeru


e0112918_18281685.jpg

wow retro アユミさん ARCH 洸ちゃん  ありがとうございます!


e0112918_18373819.jpg

Thanks!


e0112918_18384769.jpg

Thanks!


e0112918_18393437.jpg

Thanks!


e0112918_18401369.jpg

Thanks!


e0112918_18411716.jpg

Thanks!


e0112918_1843154.jpg

Thanks!


e0112918_18434586.jpg

e0112918_18441795.jpg

e0112918_18443392.jpg

e0112918_1844565.jpg

e0112918_18452834.jpg

e0112918_18462751.jpg

e0112918_18465259.jpg

e0112918_18475666.jpg

e0112918_18481086.jpg



愛車カラビンカを転がし、ふらりと立ち寄って頂いた河田さん、ありがとうございます!

珍しく写真が多かったので載せてみました。

次回は8月です。

では。
[PR]

by newamericanyard | 2007-06-20 18:58 | オンガク
2007年 05月 21日
Drizzler    
e0112918_23555446.jpg


こんにちは、satoshiです。
先日、東京丸の内にあるCOTTON CLUBへライブを観に行ってきました。
ブラックミュージックの生きる歴史と称され、数え切れないほどの名盤を支えた、
ファーストコールギタリスト(レコーディングセッションに一番最初に声がかかるギタリスト)、
David T.walker。自分も神と崇めるギタリストの、初のソロ名義ツアーです。
60年代後半から現在に至るまでの、歌モノでのバッキングギターの基礎を作り上げたのは、
他ならぬ、この人。
とにかく感激しました。涙腺緩みました。


この人です。SOULギターの神様、David T.walker。

What's going on

両手を通してギターから聴こえてくるのは、
彼の攻撃的な部分や、感動、煌めき。
音楽に対する紳士的かつ気さくなスタンスがすごく伝わってきます。
こんな素晴らしい演奏を小さな空間で直接聴けたので、もう思い残すことはないです。
握手も交わしました。右手洗ってないです。
日本の有名ミュージシャンもチラホラいました。
レコードのクレジットにDavid T. の名前を見つけては、
即購入という人、多いんだと思います。
そしてBlue Noteが中島公園にできるらしいですね。
きっとかなりの盛り上がりをみせつけてくれるのでしょう。
Davidのレビューコーナーではないので、
押し付けがましい土産話は以上。



月並みですが、外はだいぶ暖かくなってきました。
眩しい日差しが気持ちよく、太陽に憧れます。
ですが朝、夜はまだまだ気が抜けません。
油断して薄着で外出すると、寒さに凍える日もザラにありますねー。
ということで、軽めのドリズラー類を何点か。

e0112918_23574971.jpg

このJKT、ホイップコードという、少々厚手で、頑丈なのが特徴の生地で作られていて、
'50~60s のスポーツJKT等にたまにみられます。
同型でレタードやチェーンステッチが入った物や、
ジッパーではなく、ボタンの物もたまにみかけます。
見たところsize42~44位と大きめなので、手頃な価格で放出です。

'60s sports JKT ¥18690



e0112918_23581671.jpg

'60~70s のSears。
色、形が非常にベーシックで、もう週5で着れる雰囲気です。
丸っこい袋襟が、ほんとにいい感じ。
このくらいの年代の、古くもなく新しくもないOLDの古着、すごく好きです。
いい時代です。微笑ましいです。

'60~70s Sears work JKT   ¥7140



e0112918_23584258.jpg

Mcgregor、Drizzlerです。
永遠の不良ジェームス・ディーンが着用してた、
っていうセールストークでしょうか。どうでもいいです。
ジェームス・ディーンが着てようが、キムタクが着てようが、
裏金発覚した東国原知事が着てようが、どうでもいいです。
あなたが着てください。
かっこいいのか、悪いのかは、自分で決定してください。
David T. が着てるなら考えますけど。(えこひいきではない)
そういうことです。
色違いもよくみかけますね。定番です。
汚れ、ダメージありますが、いい存在感です。

'60s Mcgregor Drizzler JKT   ¥10290



他にもあります。追ってアップします。

マイブームは蝶々結びです。



info 011-204-6286
[PR]

by newamericanyard | 2007-05-21 22:21 | オンガク
2007年 02月 25日
Pilot radio
e0112918_17354594.jpg

82.5


e0112918_17403369.jpg

ミサンガインターナショナルのマサさんとパイロット岩村さんレザーがお似合いです。

喋りが全く得意じゃない僕は緊張いたしました。
まささんは何度か出ているのか、もともとなのか貫禄アリです。

下手なら下手なりにがぼくの信条なので
反映されたと思っております。

時間がありましたら聞いてみてください!

3/4(sun)FM north wave 21:00~22:00 FM82.5
[PR]

by newamericanyard | 2007-02-25 17:53 | オンガク
2007年 02月 22日
ROCK
LADY LUCK Vo15

e0112918_1782536.jpg


2ヶ月に一度行っているロックでソウルでヒップフルなイベントです。
楽しすぎていつも悪酔いしちゃいます。

e0112918_1713193.jpg
やりたいほうだいなこの2人 NAY KSK&BUD

e0112918_17245268.jpg
DJ MERCY CARHEARTT HIROKI

e0112918_17292260.jpg
HUMAN BEAT BOX TAKERU

e0112918_17394959.jpg

HIGH POSITION DJ TKT

e0112918_17515145.jpg

arita crew ありがとう!

e0112918_17523888.jpg

クラブゲットーのアツシ君と HIGH POSITION マイケル君

e0112918_18124296.jpg

やりたい放題なこの2人

e0112918_1892155.jpg

このイベントのオーガナイザー須藤先輩と成功におわって
喜んでるアルとロバート

いつもやりたい放題やってスイマセン須藤さん
また成功させましょうね!!


次回は4月です!
 
[PR]

by newamericanyard | 2007-02-22 18:57 | オンガク