2013年 10月 11日 ( 1 )

2013年 10月 11日
薄明に溶ける東の川でまた遊ぶ
e0112918_22203467.jpg

自然の色はすべて太陽が着色しているというのをマジで感じる時間帯に川辺に間に合い
落ち着く自分が大人気ない、いつか静かにゆっくりな時間に身を任せ釣りをしてみたい

e0112918_23562946.jpg

ちいさい青のCDJを投げてみる。パープル(ビーパルではない)の雨鱒が相手をしてくれた


トロフィーが釣れる時はワタクシの周りの釣人達は
何かしら予感があると聞く
だからきっと気持ちもラインも
テンションをこれ以上ないくらい張ってコンタクトするのだろう。

そして私には一切その予感がない
いつも不意にきて
気がついたらラインブレイク、フックアウト、運よくランディングできるかになる
そう気がついたらその時間だけ空白なのだ。
e0112918_2231087.jpg


そう楽しむ余裕がなかった。
e0112918_2345287.jpg

慌ててメジャーを当てるレコードだった
e0112918_2371494.jpg

嬉しい この気持ちはメジャーでは計れない(定型文)
e0112918_23114590.jpg

レコードだからかそうじゃないのか全く判別できないが
とてもとてもビューテイな魚だった

このゴールドに輝く魚もまた太陽が着色している
[PR]

by newamericanyard | 2013-10-11 23:36 | 魚釣り 川とか湖とか