2009年 10月 22日 ( 2 )

2009年 10月 22日
猿払川 アンディガルシアとアブガルシアって違いますよね?
e0112918_19414632.jpg

地元のワイルドパイセンと猿払へ急遽直行
カミナリが唸る中、日本の最北端より一歩手前のイトウが住むと聞く村に向かう
オホーツク方面は晴れているとパイセンの言葉を信じ
鹿をかわして、狸に騙されないように、流星群に願いをこめて、北へ北へ突き進む。

着いてみるとこんなに穏やかで千葉だ京都だのナンバーがチラホラ
みんなのイトウへの想いはナンバーでも知ることができる。
それを見るたび我々道民はいかに贅沢かを思い知る

e0112918_20155796.jpg

こんな藪なんてアスファルトと同様にしか思ってないであろうパイセン

本命には出会えなかったけど、車で寝ている見馴れた顔を見ました。
偶然トミーとMさんでした。こんなトコで会うとはなんだかうれしい気分になりました。

魚のライズはちょこちょこあり、その中に混じりとてつもない鬼の舞もありました。
さすがイトウのメッカ猿払。やっぱり一見さんお断りなのかなぁ
絶対そんなはずはありませんが、自分の中ではそう納得させ猿払を後にしました。
まずは馴染みの客になろうかなって


帰りには温泉で温まり、釣れなかったけどなにか楽しいトラベルでした。

初めての川はただでさえココロが踊るのにイトウがいるなんて聞くとそりゃーやっぱりねー

またいきましょうね。パイセン
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-22 20:37 | 魚釣り 川とか湖とか
2009年 10月 22日
朱鞠内湖 最初にバラシますが、今月はトラウト(魚)強化月間です。
e0112918_833398.jpg

ここにはとびっきりのトラウトがいるってのを完全に魔に受けて私またまたロッドを振り続けます。
だってそれが私のフィッシュー科目なのだから
だってシュマリのパンフに書いてあるんだ「オンリーワンストーリー」って
だからまたまたココでマダ見ぬイトウに逢うために、
あーでもナイこーでもナイ、とナイ頭とロッドを振り絞ります。

私のルアーを魚が追っている数よりもイトウを私が追っている数のほうが完全に上です。
当たり前だけど

そうこうしてると
e0112918_8534424.jpg

こんなギンギンなサクラが咲いてくれました。

「親戚のあの大食いのおじさんに私が来てるよ」って伝えてと頼んだものだから

おじさんっぽいのは2回も来てくれたんだけど、得意のバラシで熱くなる。

心の中で釣友カワタの「あーなにしてんだよ!!」と喝が飛ぶ

そう結局フックを伸ばされただけで逢えませんでしたが、得意の全く反省していません。

せっかくのコンタクトをバラシたのは本当に反省しています。

e0112918_8305578.jpg

今回の同行者はH氏とオヤジの二人と私と渡し



どうか私にイトウのトルクフルな走りを・・・・・・途中ではなく最後まで
[PR]

by newamericanyard | 2009-10-22 08:48 | 魚釣り 川とか湖とか