2009年 09月 07日
「このミステリーがすごい!」  エイガ編
映画三昧でございます。KSKです。
豪華2本立て「ブラックダリア」「ゾディアック」
両者ともに実話を元に的な感じで

私こう見えてサスペンス好きなんです。もちろんサスペンダーも好きですよ。

好きな映画は以外に何度も見るタイプなんです。

好きな女の子は以外に優香とかタイプなんですよ。

コチラ「ブラックダリア」

「アンタチャブル」で有名な、巨匠デ、パルマ監督 
監督は当初フィンチャーと囁かれましたが、降板。本当に残念、無念、また来年はないぞ!

試行錯誤して犯人を追うことだけがサスペンスだとおもう私には
犯人には関係ない情報が多すぎてあまりよろしくない。

謎は残りません。
意味不明なエロさは残ります。

点数は低いぞ

コチラ「ゾディアック」


こっちはやはりフィンチャー監督ですもの

この作品は一回見たんだけど、未解決事件だから宙ぶらりんで迎えるラストに納得できなかったんだけど
「結末」に定評のある監督だから
今回は「経過」に全精力を注いだ作品とみれば点数高いぞ
デビュー作の「セブン」と対比させればいいのでは、同じ連続殺人事件でも、ちとちがうおもしろさ

まぁソレとは別にロバートダウニーJrがかっこよすぎます。

2007年の作品だからしょうがないけど今年2009年4月こんなゾディアックの新証言

40年前のゾディアック事件 「真犯人は父」と娘 公表



デボラ・ペレスというオレンジ・カウンティに住む女性が
自分の父親ガイ・ワード・ヘンドリクソン (Guy Ward Hendrickson) が
ゾディアック事件の犯人だと説明した。
彼女が7歳の時に二つの殺人 (バレーオとサンフランシスコ) に連れて行かれ、
例の犯人の手紙は7歳の彼女が書いたそうだ。
なお、彼は1983年に精神障害のまま亡くなったとのこと。



もしコレが本当ならやっぱし事実は小説よりも奇ナリ。
おすぎはピーコよりも奇ナリ、セントジェームスはボーダーより生成り、とんねるずは石橋とキナシ、

サンフランシスコ市警がどんな結論をだすんだろう。見もの。
フィンチャーも、もう2年我慢すれば、最高の映画作れたかもね そうかもね
[PR]

by newamericanyard | 2009-09-07 03:58 | エイガ


<< いいな いいな 道東っていいな      今日は何の日 そうだ中華の日だ... >>